2〜3月に羽化したキンオニクワガタを3月末に産卵セットに投入し、4月中旬に産卵セットをひっくり返しましたので結果を記録しておきます。


【飼育環境等の記録】
・種名: キンオニクワガタ
・産地、累代: 対馬 御岳 CBF1
・羽化日:雄…3月中旬羽化、雌…2月末羽化
・産卵セット投入日:3/31に雌雄一緒に投入
・卵回収日:4/10
・産卵セット内容:小プラケに、規定量加水した産卵一番を硬詰め、地表は転倒防止材をいくつか突入
・温度:19-23℃

結果
卵32個回収
IMG_9323

IMG_9324

産卵直後の細い卵から、そこそこ膨らんだ卵まで色々見つかりました。
ちなみに側面からは卵は見えず。坑道みたいなのも見えないので、産卵しているサインは潜ってなかなか出てこないくらいかな。。
回収漏れもあるかもしれませんが、11日でこれだけ産むとはびっくりですね。意外と多かったです。

成虫の寿命が短い(活動開始から1〜1.5ヶ月)と言われていますので、最初の産卵セット環境が特に大事だと思いますが、産卵一番硬詰めだけで産卵してくれるのは大変ラクで良いですね。

以上、自分用のメモ書きでしたm(__)m

報告が遅れましたが、オオイチモンジシマゲンゴロウが羽化しましたので報告させていただきます!
以下、孵化〜活動開始までの記録です。

IMG_8427
2/17 1齢幼虫を水槽から回収


IMG_8496
2/21 2齢に脱皮


IMG_8551
2/25 3齢に脱皮


IMG_8740
IMG_8741
3/3 上陸(全長約33mm)


IMG_8973
IMG_8996
IMG_9013
IMG_9014
3/17 羽化


IMG_9196
3/21 入水、活動開始
(左の個体です。右は比較用に撮影した沖縄本島産オオイチモンジシマゲンゴロウ)


1〜2齢の餌は赤虫メイン、3齢は稚魚や赤虫、ヤゴ、ミズムシでした。

思ったよりも時間がかかりましたが、水温もやや低め(20℃)なのが影響した感じです。

以上、記録でした。

12月に採集したオオイチモンジシマゲンゴロウが交尾、幼虫が孵化しました!

個体入手〜孵化までの記録を残しておきます。


12月中旬 
雪が降るほど寒い中、東北で成虫2ペア採集
IMG_8462

水温20ー21度で管理。水槽はこんな感じ
IMG_8166
ライトは朝起きて夜に消すくらい(7時点灯20時消灯)。

1月11日
交尾行動確認。
IMG_8425


2月17日
水槽に幼虫が泳いでいるのを確認
回収し、活アカムシ給餌。
IMG_8427
IMG_8426
IMG_8460


2月18日
水槽に卵があるのを確認。セリの茎に引っかかっていた(バラ産みしている?)。
IMG_8457

という状況です。続いて産まれてきて欲しいですが、どうなることやら。。

また成長記録を更新予定です!


↑このページのトップヘ