明けましておめでとうございます。
稚拙なブログですが、本年も変わらずのお付き合いをお願いします!🙇‍♂️

年末年始はヒマだったので←、ヤエヤママルバネクワガタ(2019年秋採卵、今秋羽化予定)のマットを交換しました。

IMG_7861


IMG_7939

一番大きな幼虫は24g、最小は18.5gでした。

22gオーバーが3頭。18-20gが大半でした。

マルバネの諸先輩方に話を伺ったところ、なんとか大歯は拝めそうです。

あんま触らないように、ぼちぼち飼育していきます😅

あー早く夏になって採集いけるようにならんかな。。


では!適当な呟きでした🙇‍♂️

今年は私の稚拙なブログに訪問してくださり、ありがとうございました!

時折いただくコメントやDM、大変嬉しく思っております。また来年もダラダラ更新していきますので、宜しくお願いいたします。🙇‍♂️

これだけだと面白くないので、
年末に、アマミミヤマ1年1化組が羽化したので一部掘り出しましたが。。

IMG_7864

まだガチ詰めで測定出来ないのですが、53mmくらいになりそうです。ギネスが56mmなので、2年1化にすることができればギネスも射程圏内かもですね。
ちなみに♀は37mmくらいになりそうな個体がでました。
来年以降、楽しみですね!!

それでは、良いお年をお過ごしください^ ^

アマミヒラタは去年そこそこ真面目に飼育、繁殖して(確かオスメス幼虫20頭くらい)、オス幼虫体重29.5g、オス成虫は74.8mmが最大でした。

今年は飼育温度や幼虫期間が成虫のサイズに及ぼす影響を確認するため、ほんの少数だけ飼育、繁殖しましたが(オス幼虫はたったの2頭)、先日交換してみると、

IMG_7795


ついに30g超え。

アマミヒラタの羽化予測サイズですが、
幼虫〜蛹期間8ヶ月(孵化から羽化まで)、マット飼育した場合の算出式が

y=0.07x^3ですので(経験則)、
※y:幼虫体重g、x:成虫全長cm

この7月孵化の幼虫が3月に羽化したとすると、75.8mmくらいになりそうですね。

もう少し幼虫期間引っ張って、77-78mmくらいを拝みたいところ。。

というか来年はもっと幼虫の数増やします😅80mm超えも夢ではないかもしれない。。!!

では!!

↑このページのトップヘ