2014年08月

奄美大島の採集記はしばしお待ちください!

なるべく今週中に3日目を書き上げます。


今日は久しぶりに灯火下を見回りに行ってきました!!

が、しかし気温はなんと13度・…

いるわけないんじゃないか?でも行ってみないとわからないんじゃないか?

北海道だし寒くても活動してくれているんじゃないか?

色々期待していってみましたが、


なーーーーーーーーーーーーーんも、いませんでした!
(カブトムシの羽一枚だけ)






もう採集も終わり、、、だなぁ・・・・。

二日目


ミカン畑に到着した我々は早速捜索を開始した。


このミカン畑は放置されているのか草がかなり生えており、足元はよく見えず、ハブの危険が伴う。


しかもミカン畑は樹上にハブがよくあらわれるらしく、細心の注意を払いながら捜索する!



辺りは蛾がよく飛んでおり、樹液が出ている雰囲気がプンプンしている。



一本一本丁寧に見ていく。樹液の出ている木はあるものの、目線の高さには蛾やゾウムシ、コメツキムシばかりでクワガタはいない。




・・・・ならば、根元である!!


いた!!アマミノコだ!!!!


サイズはイマイチだが、根元を中心に捜索するとそれなりに採集できる。



おお!!!赤いアマミノコもいた!!!


ミカン畑ではアマミノコのみで小~中型個体が主(~60mm前半ほど)であるが、それなりの個体を確認することが出来た。


・・・翌日もあるので、帰路につくことした。



イメージ 1

(採集した個体の一部。逃げられたら困るという余裕のなさから、採集中の写真がございません、すみませんww)

<初日成果>
・スジブト7(♂6♀1くらいだったような)
・アマミノコ17
・コカブト♀1


~二日目朝~


この日は違うポイント(Bポイント・Cポイントとする)へバナナを仕掛けに行った。


最初に仕掛けたポイントをAとすると、BとAのポイントはそこそこ隣接している(10kmくらいか?)が、Cポイントは30kmくらいは離れていたと思う。


ここでも高いところでは5mほど上から、下は根元まであちこち仕掛けてみた。



その他、お昼は写真撮影に没頭したw




イメージ 2

(リュウキュウハグロトンボ)


イメージ 3

(オニヤンマ)


イメージ 4

(カラスアゲハ奄美亜種)



イメージ 5

(オオシオカラトンボ)


・・・その他にも色々撮影したが、また違う日程の時に載せますw



_____________________________________




そんなこんなで夜になった。


まずはCポイントに向かう。


Cポイントに向かう途中、道路もしっかり見ながら進む。


道路にもクワガタが良く歩いているため、ポイントに向かうまでも油断ができないのだw!


おっ!!!!!クワガタっっ!!????



イメージ 6

(コカブト)


「んだよ!!紛らわしいっっ!」



しかしこの後、Cポイントにいくまでの路上にてアマミヒラタ♀1、スジブト♂1、アマミノコ♀1を追加したw

(すみません、本命の写真でなく外道のコカブトなんか写真を撮っててw)



_______________________________________________




そしてCポイントに到着した!


・・・・しかし早速結論をいうと全然クワガタが来ていなかったw


やっぱりトラップを仕掛けた初日はこんなもんだろう。




_________________________________________




そして、Cポイント近くのミカン畑に行く。



このミカン畑も放置されているのか、足元は草だらけである。


しかし、以前から目をつけており、クワガタがいるに違いないと思っていたポイントだ。


ダニやハブが怖いので、ウェーダーに履き替え、早速採集にいく。



おおおおお!!!!!クワガタがいっぱいいる!!!!!!!


イメージ 7

30~40mmほどのスジブトが幹にへばりついている!!!!!!


イメージ 8

アマミノコもいる!!うっひょぉぉぉぉおおおおおおおおおおしかも赤めェェェぇぇぇ



夢中でとる!採りまくる!!!



・・・となると、根元はもっとでかいのが・・・・?





お  お  お  お  おおおお!!!!!!!!!!!!!!




いたっっ!!スジブト!!更にアマミヒラタも!!!!


「でかいっっ!!」思わず叫ぶ!!!


更に相方ユースケも「でかいっっ!!!!」と叫んでいる!


とりあえずトラップではあまり見ないサイズに興奮し、タッパーに次々放り込む!!!!


更に、珍種アマミコクワ(♀だが)までとれた!!!





そんなランナーズハイな状態で、しばらく採集に没頭した!



・・・あーーーーーー、幸せだったwww

(すみません、根元にいた個体など、逃げられたら困るので撮影していませんw)




イメージ 9


(とれた個体の一部。採ったあと、選別してほとんど逃がしています)



ノギスを持っていたので、測定をする。


スジブト!!

筆頭個体 53㎜×2!!!



アマミヒラタ!!!

筆頭個体 55mm×2!


目標はスジブト55㎜、アマミヒラタ60㎜アップのため、どっちもぼちぼち惜しかったw


(採りに行ったらわかりますが、スジブトの50㎜アップとアマミヒラタの55アップはあんまりとれませんw)




(・・・アマミノコ・コクワはデカい個体がいませんでしたw)

<Cポイント近くのミカン畑成果(スルー含まず)>
・スジブト♂13♀2
・コクワ♀2
・アマミノコ約10個体
・アマミヒラタ6頭ほど




そして我々はこの最高にハイってやつな状態で、次のAおよびBポイントに向かった!!!!!!!




(3日目へ続く)

7月17日

ついにこの日が来た!

私は北海道に住んでいるため、新千歳→羽田→奄美空港で向かった。

荷物には予め用意しておいた焼酎漬けのバナナ30本を持っていったのだが、飛行機に乗る際は毎回これが不安材料になるのだ。





~空港手荷物預け場所にて~

検査員1:この荷物はなんですか?

私:バナナです。

検査員1:え?バナナ、ですか?

私:バナナです。

検査員:(検査員2に対し小声で)・・・バナナだって。

私:(よ、良かった!止められなかった!!!)





・・・・今回はこんなもんで済んだ。

その他にも乗り継ぎの際に荷物のトラブル等、色々あったが、本題からそれるので割愛するww



そんなこんなで羽田で友人のユースケと合流し、奄美へ到着した。

レンタカーを空港で受け取り、奄美で更にバナナを200本追加購入し、

ユースケの準備したパイナップル焼酎漬けと合わせて今回の採集地である奄美大島南部へ向かった。

バナナ3~4本・パイナップルをストッキングに入れて仕掛けるので、およそ60~70個ほどの仕掛けになる。

いつもよりやや多めだが、何とか成果を上げたいため、この個数となった。



夕方にポイントへ到着したのだが、前の採集者のトラップ(かっぴかぴの状態)が放置されていたため

回収を兼ねて中身をチェックする。と、スジブトヒラタの♂4♀1が出てきた。

しかしサイズは1オスが40㎜ほどあるものの、他は30mm前後の極めて小さい個体であった。

時間もないので、それらを一旦キープし、作製したトラップを仕掛けていく。


・・・・が、駐車している間にレンタカーがエンストを起こしてしまい、歩いて仕掛けるしかなくなってしまった。

ひたすら歩きながら、5mほどの枝先から根本まで次々仕掛けていく。

頭もクラクラして頭痛がしてきて、かなりマズイ状況になってきた。

もうどこに仕掛けているかわからないくらいの状況下で、当たりが真っ暗になるまで仕掛けていく。

仕掛け終わったのは20時前だった気がする。どうやら北海道と奄美の温度差でやられたしまったらしく、水分補給をガムシャラに行ったら何とか治った。


ちなみのこのポイントは一昨年も来ており、仕掛けた当日からアマミノコ70upが採れた個人的には信頼しているポイントなのである。


夜ご飯を食べ、ひと休憩入れたのち当日のトラップ見回りを開始していく!






・・・・・しかし、いない。来ているのはゾウムシだけだ。

4時間ほど前に仕掛けたものだし、来てないのも当たり前かもしれないが一昨年は

こんな状況でもわんさかついていたということもあり、来ていないことに早速不安を覚える。

・・・と思ったら、小さいアマミノコが来ていた。

イメージ 1



根元に仕掛けたトラップにはスジブトヒラタも来ていた。

イメージ 2


全体でスジブト2♂アマミノコ3♂ほど採集したが、トラップでのそれ以上の追加は無かった。





本来の予定ではここで宿に戻り、明日から本格的に採集を始める予定であった・・・

しかし、つい一昨年の初日でたくさん取れたことを思い出してしまう。

自分もユースケもモヤモヤしたものがあり、採れないことへの不安や、何だか面白味に欠けると思い始めていた。



正直めちゃくちゃ疲れていたが、もっととりたい心が勝っていた。

近くにミカン畑はあるが、イノシシも出るし、今まで大した実績もない。行く価値もないかもしれない。

だがこのポイントは、我々が初めて奄美にきて、初めて見つけたミカン畑のポイントでもあり、

どうしても行きたくなってしまった。




「・・・・近くのミカン畑、いかない?」





ユースケも異論はなく、そのまま近くのミカン畑に我々は向かった!!!!



(つづく)

そう、何を隠そう私は奄美大島がめちゃくちゃ好きである。

魅力としては、南西諸島でも随一にクワガタの固有種が

いことはもちろんのこと、人の優しさ、島の自然の良さがたまらなく好きで・・・


はっきりいって、毎年行きたい。いや、住みたい。





・・・・ということで、4泊5日で行ってきましたww



クワガタや生き物好きならもちろんご存知ではあると思うが、
奄美大島では2013年か2014年頃から採集禁止になった種が多くいる。
今回の採集では視野に入れていない(見れたらいいとは思うがw)
ことをあらかじめ述べておく。



(くっほぉぉぉぉおおおおおおおおおおアマミ○カとかアマミ○ヤ○とか見てぇぇぇぇぇえ)





ということで、採集期間は7月17~21日、4泊5日で狙いは

・アマミノコ75mm up
・スジブトヒラタ55mm up
・アマミヒラタ60mm up
・アマミコクワ30mm up
その他ネブトやルイスでもみれたらいいなぁくらいで
行ってきました!!




イメージ 1







ではでは、採集記更新こうご期待!



↑このページのトップヘ