2015年08月

こんばんは!

奄美遠征、2日目書きます(^^)

クワガタ採集はメインが夜なので、昼は海に潜ったり、

奄美名物「鶏飯(けいはん)」を食べて過ごしたり、写真を撮ったりして奄美を満喫する!


イメージ 1

~奄美大島名物 ひさ倉の「鶏飯ととり刺し」~



イメージ 2

~リュウキュウハグロトンボ~


・・・本当は昼間に樹液の出ている木や、その他パイナップル畑、アダンの木等、


色々調べたかったのだが、他にもやりたいことが多過ぎて、とてもやりきることなどできなかったw



そんなこんなで夜になる。


まずは林道を走行し、路上+道沿いの木をルッキングして確認していく。


・・・が、風が強く、結局クワガタは発見できず。


前日訪れたミカン畑は大して期待も持てない気がしたので、


早々に切り上げ、トラップを仕掛けた場所へと向かう!




・・・ここで蛇足ではあるが、トラップは「2日目以降に効果を発揮する」と言われている。


前日それなりにクワガタが来ていたこともあり、トラップへの期待は相当高まっていた!!




トラップを仕掛けた場所に到着し、トラップを見ようとした瞬間、



ポツ・・・ポツ・・・・と車に雨が当たる。



ん?降ってきたなぁ。まぁこれくらい普通だ。




ポツポツポツ・・・・ポポポポポポ



おお、ちょっと強いが、まぁこれくらい・・・クワガタは活動すr・・・・・



ザアアアアアアアアア・・・・・・・・ドドドドドドドドド・・・・!!!!



えっ! ちょ これ強すぎィ!退却!!!!!




車にすぐ戻り、びしょ濡れな状態ながらも待機する。強い雨だが、きっとスコール的なものだ。



・・・5分、10分、と待ってもやまない。


20分待ってもやむ気配はなさそうだ。



・・・・・・・・念のためトラップも車から見てみるが、クワガタらしき影は無い。




・・・・・・帰るか。




帰ることにした。






翌日早朝に見に来ることとする!!!!!!!


雨男ぉぉぉ畜生ぉぉおぉおお!!!!!!!!!!!!



~2日目終了~










これだけだとどうしても詰まらないので、写真をアップしておきますw




奄美において、雨は基本的に残念な気持ちになるが、程よい通り雨は


ナイトドライブ時に素敵な出会いをもたらしてくれるのである!


~今回あったヘビ類~


アカマタ、リュウキュウアオヘビ、は撮っておらず割愛w

イメージ 4

ハブ(小)
・・・だいぶ小さかったですwしかし毒は変わらないため要注意!!!

イメージ 5

ヒメハブ
・・・動きません、踏みそうになっていつも焦るw


イメージ 3
ヒャン
これはすごい、正直相当珍しいですw
今までアマミ遠征に何度か来ているが、本当に見れない。初めて見て感動!!!



両生類もたくさん会いましたが、また後日!




はい!皆様こんにちは!

毎年恒例行事となりつつある奄美大島遠征。最近は諸事情により奄美大島で何種類かクワガタが採集禁止に指定されましたね。
(この諸事情については言いたいことがもうほんと腐る程ありますが…もうほんとたくさん!ほんとに!ありますが今回は頑張って自制心を振り絞って割愛します!)

しかし!魅力的な島であることにかわりはありません!

クワガタを含め、島の自然を楽しむのは自分にとって心のオアシスであります!

…えぇ、前置きが長くなったところで本篇にいきます。笑




1日目

今回は初の試みでバニラエア乗り継ぎパターンで千歳⇨成田⇨奄美大島で向かいました!
乗り継ぎ時にいちいち預け荷物の網やらバナナを受け取るのがめんどい…預けたまんまでいきたいw

ああだこうだしながら、16時30分ごろに奄美に到着!早速今回目星をつけていた林道にトラップをかけていく。
(島に着いてまず真っ先に行います、短い期間でクワガタをとるにあたって、この作業をとにかく早く進めないと話にならないのでw)
しかけていく途中でユースケがアマミノコ中型の死骸を見つけた!
うーむ、これは期待が高まる!



仕掛け終わったあとはナイトドライブとみかん畑に向かう!

ナイトドライブでは南西諸島ならではの両生類などを写真におさめていく。
色々あるが、今はちょっとめんどくさいので割愛←


イメージ 1

ハブ
今回の遠征では運よく3個体のハブに出会うことが出来ました!
うーむかっこいい!毒蛇じゃなきゃいいのに。


そんなこんなしているうちに、みかん畑に到着!
ここは去年アマミコクワがとれたり、スジブト59mmもとれたかなり優良ポイントなのだ。

…が、前と様子が違う。下草が刈られていた!
これでは期待薄か??
(クワガタは管理されていない下草ボーボーのみかん畑に多いのです)

とりあえず捜索を開始する…が、昨年のようにクワガタがたくさんいない。
(小さいヒラタやノコ、スジブトはちらほらいるが(^^;;
イメージ 5
ミカンの樹液につくノコPr.


ここで幅3センチほどの枝部分につくコクワ♀を採集!昨年の採集時も感じたが、みかんの木においては根元から膝くらいまでは主にヒラタやスジブトが、腰から目線上の枝部分にはノコやコクワが見られる傾向にあると思われる。

ちゃんと数えていないが、ヒラタ♂数頭、スジブト♂数頭、ノコ5♂2♀、コクワ1♀を採集したものの、全て小型のためリリース。

イメージ 2
採れたスジブトとヒラタ。艶や内歯の位置で違いは明確であり解りやすい。



個体数や大型個体が見られないのが気になる…
他の採集者か、下草が刈られているからか、夏枯れの時期か…
一番後者は考えたくないところだ。


続いて、トラップを仕掛けた場所へ向かうこととした!



到着したのは既に1時ごろだったか…前日3時間ほどしか寝ていないのもあり、なかなかにしんどいが頑張って見回りを行う!

イメージ 3



うーん、小さいノコはついているが大きいのはいないか…?

そんな時、ユースケの「でかい!」という声が奄美の森に響き渡った!

急いでユースケのもとに向かう!

と、手には大型のアマミノコが。
確かにでかい。

うん、でかい。

が、目測70ジャストくらいか?




「いやいやでかいよ!」というユースケ。

いやいやいやいや70そこそこでしょ、という私。

ならば、ということでノギスで測る。と…

おおお?!76mmは優に超えている!!!

…私の目が狂っておりました。w
イメージ 4
(採集した個体を真面目に撮影しておりませんでした・・・wとりあえず76㎜アップ)


ということで、とりあえず今回こっそり目標にしていたノコ75アップは初日で達成!

ノコに関しては他にもベタベタついているトラップはあったものの、トラップについてはイマイチ。途中で見かけた樹液にそこそこのヒラタがついていたので採取。

イメージ 6
これもユースケが「でかい!」といって自分は「そんなことないだろ」といっていましたが、
60㎜ジャストでした。なかなかでしたww
(アマミヒラタは60㎜オーバーはあんまり取れないです。ほんとにw)

これくらいの成果で、一部を一旦キープし、他はリリース。

翌日以降のトラップ見回りが楽しみである!!


〜1日目終了〜

ご無沙汰しております!



「日本の四季って最高~」の がる様から「グラントシロカブト」をご好意で譲っていただきました。

そして、本日到着いたしました!


到着してすぐは黒かったのですが・・・・


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


どんどん白く!!


真っ白になるにはしばらくかかるんでしょうか??


ちなみに、外国産の昆虫を飼育するのは本当に久しぶりです。

(ニジイロが飼いたくて何度もトライしていますが、どうも死にます。何故・・・)


こんなキュートで魅力的な昆虫だとは♪


産卵もさせてしまおう!



何にせよ楽しみです(^^)




がる様、この度はありがとうございました!!


皆様こんばんは!
来週の離島遠征のことしか頭にない しん でございます( ̄▽ ̄)w

最近まで重要な試験があったのですが、無事完了したので8月9日は「TMおっと」さんにヒメオオクワガタ採集に連れて行ってもらいました!

ヒメオオ採集は今まで採集記でムラムラしたことはあったものの、なかなか手が出せずにいましたw

ということで今日は小樽市某所の林道へ!

メンバーはTMおっとさん、息子さん、自分の3人で!

「山道歩くからねー」と教えてもらっていたため、それなりの登山の恰好でいきました!


今回行くところはクマの生息圏内にばっちり入っているので、結構びびってました・・・実はw


しかし道中はクワガタやそれ以外のことでも色々楽しくお話をさせていただいて、あっという間にポイントへつきました!


色々と枝先を見て確認していくものの、なかなか居ない・・・というかそもそも経験がほぼないため食痕がどんなのかわからない・・・w


教えてもらいながら進むと、TMおっとさんの息子が「いた!」というので見てみると…


木の胴部分にヒメオオが!(ちょうど目線の高さ付近w)

イメージ 1



枝先、枝先・・・と思っていたがまさかw


それを採集後、更に上を見上げると… お!♂がいた!

イメージ 2


慎重にとろうとしたものの、見事に落下!そして潜っていってしまいました… うーむ残念!


が、その隣の木にはペアが!それは落とさない様更に慎重に・・・・


イメージ 3
(ピンボケですみません・・・w)

何とか採集!


そ、そういえば食痕の写真を撮るのを忘れてた・・・・大事なとこだったのですがw
親指くらいの太さの部分を一周するように齧って、その部分が膨らんだようになることが目で見て確認できました。ヒメオオが付いている木はこの痕が良くみられるようですね。これを目印に採集をするのか・・・なるほど…

樹種についてはヤナギかと思っていたのですが(ヤナギ信者なのでww)、見られた木は2本のみではありますがハンノキの仲間(ヤマハンノキかケヤマハンノキ?)と思われました。ヤナギはおらずw
木の高さはそんな高くなく、3m?~10mもなかったような?そんなに高い木ではなかったです。

採集した木は日当たりが良く風通しも良さげな場所で、林中の暗いような場所ではありませんでした。
あと地面も割と湿度高めに思いました。

とりあえず雑ですが、今度自分が採集するときの目安としときますw



その後も山に登り続け・・・ ん?道の真ん中にティッシュ箱を3つ並べたほどの土の塊が・・・?


ん?

おおお!!

イメージ 4



ぷーさんのウンチでした。これはこれはw


道の途中はこの塊が4つほど… 虫も飛んできてたしなかなかフレッシュでした、うーむ自然度が高い!w




イメージ 5


イメージ 6

(フキが好きなのか?食べられた痕も見られましたw)


そういえば、マイマイカブリの仲間もいました!
(ごめんなさい、マイマイカブリの仲間まではわかったのですがスルーしてしまいました!)


最終的な結果!!


ヒメオオ♂2♀1(47㎜ほど)
ミヤマ♂1(60前半)
スジクワ複数頭
アカアシ♀1

やはりヒメオオはなかなか簡単には採らせてはくれませんね!お勉強になりました。


これを生かして、奄美でも何とか採集結果と見地を広めていきたいですね!!


TMおっとさん、今回はおかげさまで貴重な採集経験をすることができました!
ありがとうございました!(^^)

返信もしておらずごめんなさい!
ご無沙汰しております。
やーーーっと大事な試験が終わったので、羽を伸ばして採集にいけます!


イメージ 1


と、いうことで現在バナナの仕込み中…
食べながらストッキング詰め作業を進めます(。-_-。)笑

↑このページのトップヘ