2020年02月

アマミシカがだいたい3令になったので、ここのタイミングでマット交換しました。

4種類のマットで飼育してましたが、今回の交換から訳あって3種に絞り込みました。
が、今んとこどれも小さいですね。。

お!と思ったのでも4.5g程度。こんなに幼虫の頭から小さいのか。ほんとに7gとか行くのかな笑

★幼虫体重とオス羽化サイズ予想
4.0g...37mm
4.5g...41mm
5.0g...45mm
6.0g...50mm

こんなイメージですかね。
50mmを出してみたいw

羽化はたぶん今年の初夏あたりなんで、それまでどれくらい伸ばせるか楽しみですねー( ̄ー ̄)

ではまた!

はい、奄美に行ってまいりました!

時期が時期だけに、大して採るものはありませんでしたが。。ネブトをちゃんと採ったことがなかったので、それを目標にやってきました。


。。が、とれませんでした!!!泣


そもそも、これまでの採集は夏にノコメインで採集しているので、ネブトは片手間で採れればいいやとやっていたため採れないと思っていました。冬になれば下草も減り、朽ち木も露わになって採りやすくなるだろうと。

甘かったですw

実質、かけた時間は3ポイントにて合計3時間程度なので少なかったのはあるかもしれませんが。。考えられる敗因は間違いなく「良い朽ち木が見つけられていないこと」。

なぜ見つからないかを考えると、林道(コンクリの)沿いばかり探しているからかなぁ。。と。

道沿いの朽ち木はだいたい似たような朽ち方で、クチキゴキブリ主体に入っていることが多かったですね。コカブトは何個体かみましたが、クワガタ類は一切みず。

過去に1度だけアマミネブト幼虫を見つけた時は赤がれではなく黒枯れの芯が残ったような材(シロアリ入り)だったことから、そういうのを探していきますかね。赤がれのシロアリ入りは今回何本か見つかったんですが、ネブトは出ず。(名古屋でとったときは同じような材で何個体かとりました)

それか、あんまり拓けたとこにはネブト出てこないんですかねー。

★次回やること
森の中で埋もれた朽ち木探す(切り株も可)
地形の凹部分で探す
見切りはとにかく早く
時間をかける。。笑
採れたときのことを考え、ネブトの飼育技術を上げておく←

ということで、アマミネブトを買います←

以上!笑



↑このページのトップヘ