2020年06月

先日、埼玉県内にてアカメガシワ樹液にクワガタ等の昆虫類が集まってきていたので、載せておきます。

58E785DE-F7C3-4CFE-9708-C76B61BAF6CB

コクワガタ♀とコムラサキ。写真には写っていませんが、樹皮の隙間に♂も隠れていました。


AEE4E4A5-7C0B-4510-A287-9339C51A53BD

樹上を徘徊するノコギリクワガタ♂。
他にもヨツボシケシキスイ等が見られました。

アカメガシワは南西諸島でもクワガタが集まる木として記載されることが多いのですが、私は未だ見たことが無かったので何となく嬉しかったですね笑

今回の観察地点ではアカメガシワの木が5本ほどありましたが、樹液が出ている木はこの1本でした。

木の大きさは、幹が10cm径程度と大きい木ではなく、樹液の出る量もダラダラ出るような感じではありませんでした。

これからはアカメガシワもしっかりチェックしなくては。。笑

以上、適当な記録でした笑

数は少ないですが、昨年採卵したアマミコクワが全頭羽化したので、飼育記録を載せておきます。

74F1E1B1-141F-47DC-9D15-E2738BCC1BAC


どうも幼虫の大きさが揃いすぎて、いいデータにはならなかったですね笑。ひとまず3.5gではアマミコクワの1つの区切りである♂35mmは超えられなさそうです(個人的な区切りです笑)。

555C2435-47BD-408C-A70E-C7668697226C

↑羽化中のオス。どうしてもアゴは発達せんですね。。。

あとは反省点ですが、やはりプリンカップ200では飼育容器が小さすぎますね。。500のビンのほうがいい結果が出せそうな気がします。
私の切り札マットで、今年は35mm超え(ホントは38mmくらい笑)目指して頑張ります。

今、アマミコクワは絶賛産卵中なので、リベンジは出来そうです!

徐々にネタが出来つつあるので、また更新しますー^ ^

前回が不発だったので、群馬県の某所へライトトラップ採集にいってきました!

前回の反省も活かし、ライトアップする場所を入念にチェックしました。

下見途中寄った小さなナラの木の林にて、スジクワを2頭と、コクワを1頭拾う。

D29B2BB9-3AB4-4523-A844-AAD14934EDDA


やっぱ樹液採集は良いですね。。!

(ミヤマ、ノコも欲しかったですが。。)

なんやかんやで近隣住民にも許可を得て、19時20分にライトオン。






さむい。だいぶ冷える。


予報では25度とあったが、半袖では耐えられないくらい寒い。

ふと温度計を見ると20度。これはギリギリか。。


しかし風も吹いてきている。


寒いので車に一旦避難し←、しばらく様子を見ていたが蛾が少々飛んでくるくらいで甲虫類が全く来ない。


そうこうしているうちに温度計は18度に。


時計は21時30分。これはあかん。。


ということで、結局ボーズでした。初ボーズ。


今日は完全に風と寒さですね。条件悪すぎた。


まぁ下見中にクワガタ見れただけ良しとしよう←


そして帰路につき、家に帰って靴を脱ぐと悲劇が。。。




左足の靴のかかと部分が、血塗れに。。。!!!!


そう。ヒルにやられました。


いいかげん虫対策はしなきゃあかんですね。血だらけになっているのは恐怖を感じる。笑


まぁ、マダニとかよりはマシですが😏



もう少し、絶対数が増えた7月あたりを見据えて採集に行きますかね(о´∀`о)


ボーズでここに書くのは恥ずかしいですが、まぁ忘備録ですので。。。笑


また採集いったら更新します!

先日、ついにHIDライトを購入しました。
採集記の前に、まず購入に至る経緯を書いておきます。

理由ですが、採集をしていると、どうしても樹液採集やバナナトラップではとりづらいクワガタもいるので、手持ちの武器が多いに越したことは無いだろうという判断のもと、購入に至りました。(単純にやりたかっただけ笑)

購入場所については、今回お世話になったのは、こちらです。(https://ameblo.jp/xavimessi/
ヤフオクで度々出品されています。
ブログやヤフオクの評価を確認し、こちらで買えば間違いないと思いました。
結論から言いますと、こちらで購入したのは個人的には大正解でした。やり取りやアドバイスが大変丁寧で、むしろここまでしてくれるのかと頭が下がりまくる思いでした。笑

購入までの経緯は以上です。

続いて、私の初ライトトラップの状況および反省点を忘備録的に記録しておきます。

6月中旬
栃木県某所
月は23時前後までは出ないような状況、
19時20分〜22時30分頃まで、ダム対岸の山に向かって照射。
気温はだいたい21度前後。
植生は広葉樹主体。

20時までは照射しても虫のヨリがイマイチで焦ったが、「虫のヨリが良くない時は躊躇なく向きを変えるべき」とのアドバイスのもと、少しずらすと大量の虫(ヘビトンボ、オオミズアオ、スズメガの仲間、ゾウムシ等)が集まり始める。

ほどなくして、コクワが飛来。
0DFB1742-36BB-4C1A-A21D-A319D345CF6F

癒しの存在。ホッとする。。笑

しばらくして、数頭飛来したものの、その後が出ず。。。
43A39A60-219E-4B28-8BF3-A6C2BA042D43



クワガタが来てくれたのは嬉しかったですが、できればミヤマとか来て欲しかった。。笑

改善点として、以下があるかと考えています。

1.季節が早い: どうもライトトラップを実施したあたりではクワガタの発生はこれからの様子。もう少し後が良いか?
2.気温が低い: ライト点灯の直前まで雨が降っており(寒冷前線通過直後)、気温が下がった模様。活動鈍ったか?
3. ライトの設置場所。植生は広葉樹主体だったが、どういう種類かまでは見極められず。また、山の上を照らしたわけではなく、ほぼ真横を照らしたため、クワガタが降りて飛んでくる格好ではなくなってしまった=比較的飛来しにくかった?

と、改善できそうなことは多いですが、やれることは検証して、成果を出していくしかないですね!
当日の気温はどうしようもないところではありますが、他は事前準備でなんとかなります。下見の時間はしっかりとらなきゃあかんですね。

また採集に行ったら書かせていただきます^ ^

↑このページのトップヘ