カテゴリ: アマミシカ

アマミシカクワガタの産卵セットを割り出しました。
ざっくり言うと、去年の50頭/1メスほどは取れませんでした。取れなかったであろう原因もなんとなく推測したので、来年に活かすため記録しておきます。

【産卵関係データの概要】
セット内容は以前書かせてもらっていました(コチラ)。
飼育ケースサイズは小プラケ。くち木は1本。
温度は27度でほぼ一定。
IMG_7040

↑こういう感じです(写真は中プラケですが💦)

今回は3メスで組みました。各ペアのデータは以下。(仮にA,B,Cとします)
A
オス47mm×メス28mm
オス…羽化後2ヶ月、メス…羽化後2ヶ月でセット

B
オス47mm×メス30mm
オス…羽化後3ヶ月、メス…羽化後1ヶ月でセット

C
オス43mm×メス32mm
オス…羽化後1ヶ月、メス…羽化後3ヶ月でセット

【結果】�
Aメス…1.5ヶ月間プラケ小投入で28幼虫回収
Bメス…1ヶ月間プラケ小投入で1幼虫回収
Cメス…1.5ヶ月間プラケ小投入で10幼虫回収
ちなみに、どのメスもペアリングがうまくいっているのは確認しており、投入直後から産卵木を削っていた。
A,Cメスはプラケ側面からも卵を確認できたが、時折メスが潰してしまっているのも確認。
IMG_6985
IMG_6984

↑割り出し時の写真。マットからも材からも出る。

【考察】
去年の1メスで50頭産卵させたことを考えると、少なかったですね。
去年はオスメス共に羽化後3ヶ月でペアリングし、中プラケで1.5ヶ月くらい、くち木は三本入れて放置していましたが、休眠と飼育ケースで違いが出たように感じています。
確実にたくさん産ませるには、ケースのサイズは中プラケ以上、朽木の本数多め(ヒラタよりは硬めの朽木)、オスメスともに羽化後2ヶ月ほど経過していると良さそうです。

生まれた幼虫ですが、なんとか前回の反省を活かしてオス45mmアップ連発、50mm台も出してみたいですね!

最後までお付き合いありがとうございます🙇‍♂️

アマミシカがひとしきり羽化したので、飼育記録をまとめておきます。

24AF9843-F961-4670-B0DB-2F3C0135A8F3


これだけだとわかりにくいですが、ざっくりなイメージでいうと、10月産卵セット→11月末割り出し、12月から各マットに投入(プリンカップ)→5〜7月羽化という感じですね。温度は11,12月が1番低く17ー20度くらい、1月から3月は18-22度、4月24度、5月26度、6月27度程度と記憶しています。

ちなみに、切り札マットは某ブリーダーの方から直接買わせてもらっているマットです。今年のシカはこのマット一筋で48mm越え目指しますかな!

反省点は1令の段階でプリンカップではなく瓶で飼っておけばよかったなぁと(当時はビン無く、仕方なくプリンカップ対応した)。1頭だけ最初から瓶にしたのは大きかったです。あとは3齢になるタイミングが気温下がったタイミングなのもよくなかったかと。
今年はその辺のミスは無くし、挽回していきますよー既に今年ブリード分の産卵、孵化は始まっているし!血の入れ替えも住んだし!

あ、あと幼虫の体重と羽化サイズ目安を自分なりに纏めときます。


3.5g…33mm
4.0g…37mm
5.0g…41-43mm
6.0g…40mm後半?
7.0g…50mm到達前後?


3.0g…28mm
3.5g…30mm
4.0g…32,33mm?
4.5g…34,35mm?

(?は実績なし、推定値)

今年以降の私の目安にします。
次こそ48mmクラスのアマミシカをおがんでやる。。!!w

5月頭羽化のアマミシカが産卵してくれました。

795FD0D7-CD0E-4C68-BFC7-D151C20CC6D1

↑見にくいですが、真ん中に産んであります。
ミクラミヤマよりも大きなクワガタですが、卵はミクラミヤマよりも小さいです。これは卵では取り出せない。。

先々週あたりにペアリング開始、先週から産卵セットを組みました。セット後から産卵確認までは1週間程度。
朽木やプラケ周りに坑道を掘ってくれたらいい傾向だと思っています。

産卵セットの内容は去年と変わらず。去年は結局50コくらい産んでくれましたが、今回は小プラケで産卵木1本だから産卵数は減るかな。。(前回は中プラケで産卵木が3本)

↓産卵セットの参考記事です。
http://yasui0323.livedoor.blog/archives/5117378.html

数週間後にメス取り出し、その数週間後に割り出しする予定です。

今年は43-44mmどまりと残念な結果になってしまいましたので…今年はなんとか47mmは出したい。(幼虫〜羽化までの記録はまた今度書きます)


というか、もーコロナ勘弁してよ。というかコロナ対策というか。どっか採集行きたいけど、いよいよまた県外移動自粛の感じになってきたな。

近所のとこはコクワとカブトばっかだし。。むむむ。遠征してライトトラップしたい。でっかいミヤマとりたい。行く予定ないけどデカいアマミノコとりたいw

愚痴でしたw

アマミシカがだいたい3令になったので、ここのタイミングでマット交換しました。

4種類のマットで飼育してましたが、今回の交換から訳あって3種に絞り込みました。
が、今んとこどれも小さいですね。。

お!と思ったのでも4.5g程度。こんなに幼虫の頭から小さいのか。ほんとに7gとか行くのかな笑

★幼虫体重とオス羽化サイズ予想
4.0g...37mm
4.5g...41mm
5.0g...45mm
6.0g...50mm

こんなイメージですかね。
50mmを出してみたいw

羽化はたぶん今年の初夏あたりなんで、それまでどれくらい伸ばせるか楽しみですねー( ̄ー ̄)

ではまた!

この間もメモ程度に書いていましたが、アマミシカの産卵、割り出しの状況について、記録を残すために書いておきます。

10月初旬、アマミシカを産卵セット。
累代はCBF3、2019.6月羽化し8月末には後食開始。
メス1頭に対しオスを3頭(ハリガネで顎固定)入れ、1週間産卵セット内で同棲。→オスのみ取り出し。
セット内容はプラケ中に虫吉無添加マットを4cmほど硬く詰め、柔らかめのコナラ材を3本(加水1、2時間→半日陰干し)皮剥いで全部埋め込み。
埋め込みの土は軽く詰める程度。これも虫吉無添加マット

11月初旬、卵が二つ側面にあることを確認。メスを取り出し、そのまま放置

12月初旬に割り出し。卵は無く、1令中期から後期が大半。43頭を確保。うみすぎた。

コツはとにかく確認せず放置。
当たり前だが、加水させすぎないことは良かったと思う。

各幼虫は一部を譲渡したものの、だいたいは残した。
それぞれ4種のマットで飼育中。まだ気が向いたら更新しますーひとまず40後半は出したい。羽化は7,8月報告くらいですかね( ̄ー ̄)

写真もなくてすみませんw


今年も一年、うちの拙い記事を読んでくださりありがとうございました。また来年も宜しくお願いします^ ^

↑このページのトップヘ